採用情報

先輩インタビュー

営業企画部(営業部門)所属
脇田 文樹
技術部所属
小原 大輝
営業部所属 脇田 文樹

どのような仕事を担当していますか?

営業企画部内で、主に営業分野を担当しております。
営業活動としては、官庁営業・民間営業・提案営業の大きく三つに分けられ、その中の民間営業を中心に既存顧客と新規顧客に対する営業活動を行っております。
民間営業では、ゼネコン営業・施主営業・保守物件等を中心に活動し、具体的内容としては、営業先の窓口業務及び見積書提出、ネゴ交渉、契約業務といった内容を中心としています。

この仕事をする中で大変だったエピソードを教えて下さい。その大変だったことをどうやって解決したか、またそこから学んだことを教えて下さい。

入社して半年くらいに、新規営業先のお客様から休日に突然お叱りの電話を受けたことがありました。
その後すぐに上司に報告し、一緒にお客様のところへ訪問しました。入社してから初めて担当した重要なお客様だったので、突然のお叱りに正直落ち込んでいましたが、休日だというのに嫌な顔一つせず同行してくれ、落ち込んでいることを気にかけ励ましてくださった上司には本当に助けていただきました。
上司の力添えもあり、最終的には事無きを終えました。その後自分自身の懸命さも伝わり、そのお客様には可愛がられるようになりました。お客様にはさまざまな性格の方がいらっしゃり、時には叱られたり、落ち込むこともありますが、それでもまっすぐ向き合うことで、良い結果に繋がっていくということを学びました。

この仕事をする中で、嬉しかったこと、この仕事をしていてよかったと感じたエピソードを教えて下さい。

建設業界に入社して一番感じたことは、幅広い範囲で人と繋がれるということです。大手企業の社長や役員の方と面談する機会は今まで経験がなく、いろいろな方の考えや意見を聴くことはとても刺激になります。
また、幅広い人間関係ができたことは営業としても力になり、価格競争の現代、値段が高い安いは重要ではありますが、それと同じくらい人と人との繋がりの強さも大切にし、大手企業よりも当社を選んでくださるお客様もみえるので、本当に嬉しく思います。

この仕事の魅力ややりがいは何ですか?また、シブヤパイピング工業の魅力は何だと思いますか?

この仕事の魅力は、建物施設等をつくる中で、専門的な技術を提供出来る事と、施主及び建築会社や電気会社、協力業者等と連携してひとつの建物をつくりあげる事ではないでしょうか。
シブヤパイピングエ業の魅力としては、100余年という長い歴史の中で築きあげた人脈及び経験が一番の信頼という武器になり、継続的に仕事を依頼していただける取引先が多いことだと思います。社風も、社長をはじめあたたかみのある会社で、働きやすい環境だと思います。

趣味や最近はまっている事はありますか?

趣味というほどではないですが、毎週ドラマなどのDVDをまとめ見しています。醍醐味としては、毎週の楽しみではなく、最初から最後まで一気に鑑賞する大人見をすることで、自己満足しています。

最後に就活生やこの仕事に興味を持っている人にメッセージをお願いします!

当社では、それぞれの部署が一丸となつて仕事に取り組んでいます。技術部・営業企画部・財務部・総務部など、それぞれの部署の人たちが、自らに課された仕事に一生懸命真面目に取り組んでいます。どの部署にも個性的で面白い方達ばかりです。やる気と元気がある方の入社を心からお待ちしています。

ページの先頭へ戻る